祈りをもって始まるデザイン

 

弊社はクリスチャン家族が運営する、小さなデザイン事務所です。
私たちのデザインは、祈りで始まり祈りで終わります。

デザインはただの制作物ではなく、私たちとお客様とデザインを見る人たちが一つとなり完成します。
そのために私たちは、一つひとつのデザインに神様の栄光があらわされ、
デザインを通して神様の御心がなされることを期待し祈ります。

社名の由来

午後3:30 (ゴゴサンジハン)

デザイン工房午後3:30という名前は、私たちの娘が生まれた時間「午後3時半」から持ってきました。
新たな生命がこの世に生まれてきたときの喜びのように、
完成したデザインを通して、クライアント様に喜びと満足を与えることができるように、祈りをもってデザインに取り組みます。

 

 

 

弊社の特徴

家族運営

私たちは夫婦でこの会社を運営しています。
妻がグラフィックデザイン、夫がウェブデザイン、営業、ディレクションを担当しています。

 

クリスチャン

私たち家族はプロテスタントクリスチャンです。
ミニストリーを行いながらこの事業を進めています。売上のうち生活費を除くほとんどはミニストリーへ用いています。

 

奉仕と仕事が混在

私たちは「教会にデザインの力を」というキーワードを基に、教会やミニストリー活動のためにグラフィックデザインを奉仕でおこなっています。
デザイン事務所としてデザインの定価を示しながら、ご依頼のほとんどは奉仕(無料)または値引き価格にて引き受けています。
私たちはグラフィックデザインを通して売上を上げる以上に、宣教が前進することを優先しています。